高田製薬

文字サイズ変更

お薬の服用

健やかな毎日のため、お薬と上手に付き合うことが必要です。

食前、食間、食後

食前、食間、食後にはそれぞれきちんとした意味があります。

食前:食事の20分から30分前のことです。

食間:食事中だと誤解している人は意外と多いようですが、

   食事と食事の間。食後2時間ぐらい経過した頃のことです。

食事によってお薬の吸収が悪くならないように、影響のない時間に飲みます。

食後:お薬によって胃が荒れることを防ぐため、食後に飲むお薬もあります。

   お薬の吸収を考えると食後20分から30分後が理想的です。

お薬の飲み方

水を飲まないでお薬を服用することは、できるだけやめましょう。

口から飲んだお薬の多くは食道を通って胃で溶け、小腸で吸収されます。水を使わずに飲むと、お薬が食道に引っかかって食道の粘膜を荒らしたり、潰瘍をつくったりすることがあります。なるべくコップ1杯ぐらいの水かぬるま湯で飲みましょう。また、お茶で飲むとお薬の効果を下げると考えられてきましたが、大部分のお薬は効果に影響がないようです。しかし、牛乳で飲むと効果が落ちるお薬はありますし、グレープフルーツと一緒に飲むと効果が増幅するお薬もありますので注意が必要です。どうしても赤ちゃんやお子さまがお薬を嫌がって飲まないときはかかりつけの薬剤師の先生に相談しましょう。

お薬を処方されたら

処方されたお薬は飲みきりましょう。

お医者さまから処方されるお薬は、処方された日数の間に飲みきるのが基本です。残ってしまったお薬は、飲み間違いの元になりますので、廃棄するようにしましょう。また、からだの状態はそのときによって異なってきますので、処方されたお薬を取っておいて、後から飲むことは避けましょう。

お薬の服用をやめること

治ったみたいだから・・・? と、勝手な判断で服用をやめないようにしましょう。

治ったみたいだから、飲むのをやめようかしら?症状がなくなったことだけで治ったと自分で決めるのは危険な判断です。症状は取り除かれても原因は取り除いてないことも多く、放置すると、合併症などにつながる恐れもあります。また快方に向かっていた病気も、また元に戻ってしまうということもあります。お薬はお医者さまの指示に従って服用するようにしましょう。

お薬の服用間隔

飲み忘れなどに気をつけて服用間隔を守って飲みましょう。

飲み忘れた場合は、気がついたときに、1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は、1回とばして次の時間に1回分を飲んでください。決して2回分を一度に飲まないでください。

1日3回服用するお薬は少なくとも4時間以上、また1日2回服用するお薬は6時間~8時間程度、間を空けて飲むようにします。

お薬の服用の注意

ご家族に処方されたお薬を飲むのは、症状が似ていてもやめましょう。

ご家族が同じ症状のように思えても、その症状を引き起こす病気はさまざまです。例えば頭が痛い、熱があるといっても当然必要なお薬も異なります。また同じ病気でも、年齢や体重、体質など個々の条件によって処方が変わります。処方されたお薬を取っておいて、後から飲むことは避けましょう。

お薬の飲み合わせ

複数のお薬を同時に服用するときはお医者さまや薬剤師の先生に相談しましょう。

お医者さまから処方されたお薬と市販のお薬。複数のお薬を同時に飲むときは、飲み合わせに注意しましょう。お薬どうしが作用しあって効果を妨げたり、強めすぎたりすることがあります。例えばかぜをひいているときに捻挫して、かぜ薬と鎮痛消炎剤を飲んだとしましょう。どちらにも似た鎮痛解熱成分が含まれており、同時に飲むとその成分を過剰に服用することになるのです。そのために眠けや悪心などの副作用が強く現れることがあります。このような飲み合わせの悪い例は多くあるようなので、服用しているお薬がある場合は、お医者さまや薬剤師の先生に相談すると安心です。

お子さまへのお薬の飲ませ方

赤ちゃんやお子さまにお薬を飲ませるときに、気をつけたいこと。

幼稚園児くらいのお子さまに少し大きめの錠剤を飲ませると、飲み込めないことが多いようです。そこでお子さま向けには錠剤やカプセルでなく、液状のシロップ剤やドライシロップ剤などが工夫されています。ドライシロップ剤は1回分を水やお湯で溶いて、スプーンで少しづつ飲ませることができます。この場合、お口にお薬が残らないように後で、水や湯冷ましを飲ませてあげましょう。 赤ちゃんには、いつも飲んでいるミルクに混ぜれば簡単に飲ませられると思われがちですが、これは考えもの。ミルクによって効かなくなるお薬もあります。さらにミルク自体の味がお薬によって変わってしまうため、ミルク嫌いになる原因にもなります。

お薬の保管状況と保管場所

お薬は高温・多湿・直射日光を避けて保管してください。

お薬は保管状態が悪いと、変化を起こしやすく、効果に影響が出てしまうことがあります。保管するときは、高温・多湿・直射日光に特に注意しましょう。また、小さなお子さまがいるご家庭では、お子さまが誤って飲んでしまうことのないように、保管場所に気をつけましょう。お薬の効き目をきちんと発揮させ、安全に服用するために、お薬の保管には十分気を配りましょう。